ニュース

「Go Google」

10月19日よりGoogleが「Go Google」というキャンペーンを始めました。 Go GoogleGo Googleはその名のとおり「Googleにする」キャンペーンなのですが、一体何を?というと、企業におけるコミュニケーション/コラボレーションツール(例えば、Microsoft ExchangeやLotus Notesなど)をGoogle Appsにしてしまいましょう!ということなのです。 Google Appsについては、過去にこのサイトでも紹介したことがあるのですが、Gmail、Googleトーク、Googleカレンダー、GoogleドキュメントなどのGoogleが提供するビジネス向きな主要サービスを組織内で共有して使用できるウェブベースのコミュニケーション/コラボレーションツールで、例えば... ・社員一人ひとりに割り当てるメールをGmailにしたり ・社内全域、または部署内等でスケジュールを共有するためにカレンダーを使用したり ・企画書などの社内文書を必要なメンバーで共有しながら作成したり ・ウェブを使ったプレゼンテーション配信をしたり ・社内(もちろん遠隔地の営業所なども含む)でのチャット会議をしたり と、挙げてゆけばきりがないほど数々のことが出来るツールです。 なんだかとても大げさなツールに思われるかもしれませんが、まずはメールから活用するだけでもとても画期的な業務効率化になります。今まで自社ドメインで社員メールを使っていた会社がGoogle Appsに切り替えると... ・メールサーバの管理をする必要がない ・メールアカウントの管理がとても簡単 ・一人ひとりのメールボックス容量がとても多い(7GB / 25GB) ・社内でも社外でも携帯からでもメールチェック可能 ・協力なスパムフィルタで迷惑メールやウイルス付きメールをシャットアウト などなど、良いことばかり!そして、なんといっても50名まで登録できるGoogle Apps Standard Editionならば無料で使えてしまうのです! 社内でのメールやスケジュール管理の煩わしさを感じている方はぜひ“Go Google”してみませんか?Google Apps導入によるメリットのご説明、現在の環境からの移行作業などのご用命がありましたらお気軽にご相談ください。