ニュース

謙信IT研究会セミナー(2008年11月)

11月26日に毎月恒例の上越商工会議所主催謙信IT研究会セミナーで講師をさせていただきました。 今回からは今まで何度か取り上げてきた「XHTMLとCSS」をあらためてじっくりと取り組むことになり、11月、12月、(1月は休みなので)2月、そしてもしかしたら3月と結構長期に渡って時間をかけて行います。 研究会メンバーのみなさんはほとんどの方がブログを継続して更新されていますが、かねてからの懸案となっているのが自社サイトの開設、リニューアル、もしくはメンテナンスです。これらはブログのように簡単に更新できるものではなく、やはりXHTMLやCSS(スタイルシート)の知識がないとなかなか思うように扱うことが出来ません。 [caption id="attachment_330" align="alignleft" width="300" caption="「きれいなXHTML文を書きましょう!」"]きれいなXHTML文を書きましょう[/caption] ホームページビルダーのようなソフトを使うと、確かに見た目を確認しながら簡単にページ制作が出来るのですが、実際に検索プログラムが判別をするのは「見た目(表現)」ではなくてHTMLファイルの「中身(構造)」です。ですから、ページ制作を行うにあたって第一に考えなければいけないのは、XHTMLのルールに沿った書き方を実践することです。 例えば実際の本と同じように主題(h1)、副題(h2)、章(h3)、節(h4)のように大きな括りから少しずつ細分化されていくようにページの内容とタグをきれいに使いこなすことでSEO効果も高まっていきます。SEOというとなんだか最新の技術を追う必要があるように思えるのですが、意外と基本に忠実であることが大切だったりします。 先日のXHTML+CSS講座の初回では、特に重点的にXHTMLタグの本当の意味を理解していただきながらページ制作の実習を行いました。次回12月以降もじっくりと学んでいただこうと考えておりますので、ぜひみなさん自社サイトのメンテナンスが出来るくらいまでがんばっていきましょう!