ニュース

Google AnalyticsがFlashに対応

またまたGoogleネタですが、アクセス解析のGoogle AnalyticsがFlashコンテンツの解析にも対応しました。 Flashといえば、Webサイトのトップページで企業イメージを表現した動画やYahoo!JAPANなどのポータルサイト、大手ニュースサイトのバナー広告などにも使われているものですが、最近では単純に動きのある絵を見せるだけでなく、サイト全体をFlashで制作しユーザの動き(マウスの動き)に合わせてアクションを変えたり、ナビゲーションしたりするサイトが増えてきました。 そういった全編Flash仕様のサイトではどうしても既存のアクセス解析では対応できにくい部分があったのですが、今回、アクセス解析では国内でも50%近いシェアを誇っているというGoogle AnalyticsでFlashサイトの解析に対応することがアナウンスされました。 先日もGoogle Analyticsはアクセスデータの集計やサマリー画面のバージョンアップを図ったばかりですが、相変わらずGoogleのサービスは日々進化し続けています。Google Analyticsも自社サイトのアクセスを分析し、今後の更新や運用に関する指針を決定するためにとても使えるツールですので、まだ導入されたことがない方はぜひお試しください。日々のアクセス動向から思わぬ発見があるものですよ!