ニュース

ジンバブエで有名なところ

休日くらいはあまりカタクない話題で(笑)。 会社名となっている「バランシングロック」ももちろんジンバブエでは有名なのですが、それ以上に有名な場所をご紹介します。 ビクトリアフォールズまず一つ目はビクトリアフォールズ(Victoria Falls)です。 ジンバブエの西、ザンビア、ナミビア、ボツワナの国境がちょうど交わっているあたりにある巨大な滝で、アメリカのナイアガラの滝、ブラジル/アルゼンチンのイグアスの滝と並んで世界三大瀑布の一つになっています。このビクトリアフォールズは幅が最大で1,700m、そして落差も100m以上ある巨大な滝で、とてつもない水量が流れ落ちています。そのため、雨期では水煙が100m以上にも登るほどのスゴさです。 世界遺産にも登録され、非常に有名なため周辺はかなり観光開発されていて、スカイダイビング、バンジージャンプ、ラフティング、ヘリコプターでの遊覧飛行などなどかなりのアティビティが揃っています。でも、一番の驚きアクティビティは滝の上で泳ぐことでしょう!ちょうど良くプールのように窪みが出来ているのですが、数m先はもちろんチョー落下です(笑)。凄まじく度胸がいりますが、ご興味のある方はぜひ! グレートジンバブエ遺跡二つ目はグレートジンバブエ遺跡です。ジンバブエとはショナ語(現地語)で「石の家」という意味があるのですが、そのジンバブエの由来ともなったのがグレートジンバブエ遺跡です。紀元前1200年くらいに作られて今でも巨大石造建築遺跡として残っているのですが、近くで見るととても緻密に石を積み重ねて作られているのに驚きます。バランシングロックもさることながら、ジンバブエでは「石」が歴史的に重要な要素になっているようですね。 最近のジンバブエでは超インフレで日本のニュースにも登場していましたが、実は自然・文化遺産での見所もたくさんあります。人生の中で、なかなかアフリカ大陸へ足を踏み入れる機会はないかと思いますが、そこをあえてチャレンジしてみてはいかがでしょうか?!