ニュース

Google Appsが品質保証を拡大

検索サイト世界シェア第1位(日本ではYahoo!JAPANについで第2位)のGoogleでは検索エンジン以外にもさまざまなサービスを提供していますが、その中で比較的マイナーな部類に入る「Google Apps」というものがあります。 Google Appsは企業、学校、団体などの同一グループの複数のユーザーに対しGmail、Googleトーク、Googleカレンダー、Googleドキュメントなどを提供し、ユーザー同士で情報の共有などが出来るようなサービスです。具体的な使用例としては...
  1. 自社ドメインで全社員のメールをGmailで提供する(メールアドレスはもちろん “@自社ドメイン”となり、実際のメール管理はGmailで行います)
  2. 各社員ごとのスケジュール管理、部署・チームなどでのスケジュール管理をGoogleカレンダーで行い、社内で情報共有する
  3. 文書、スプレッドシート、スライドなどの資料をGoogleドキュメントで作成し、社内で共有する
などの使い方が出来ます。 私もGoogle Appsを使っていて、例えば会社代表のメールアドレス(info@brocks.jp)、個人のメールアドレス(yokoyama.hirotaka@brocks.jp)など自社ドメイン(@brocks.jp)のアドレスはすべてGmail管理です。 さて、前置きが長くなりましたが、本題の「Google Appsが品質保証を拡大」という話題ですが、Google Appsでは有料(1ユーザ5,000円/年くらい)サービスがありGmailの稼働率99.9%を保証しています。その保証範囲をGmailだけでなく他のアプリケーション(カレンダー、ドキュメントなど)へも拡大させるという話です。 稼働率が99.9%ということは1年間でサービス障害が起きて使用できなくなるのが8時間程度に抑えられるということです。これだけの稼働率があれば、24時間365日フル稼働な仕事でない限り滅多に障害に遭遇することがなく、ビジネスでも十分に使用することが出来ます。 ただ、実際のところ有料版(Premier Edition)でなく、無料版(Standard Edition )においても使用できる機能については大きな差はなく(もちろんGmail、カレンダー、ドキュメントなどもOK)、信頼性の保証(99.9%)がないと言っても、実際のところ支障が出るほどの問題も滅多にはないため、比較的小規模な組織では無料版でも十分に役割を果たしてくれます。 ドメインさえ取得すれば、そのドメインと連携させて強力なGmailでメールアカウントが利用できるため、多くの社員でメールを使用している企業はもちろん、少人数での使用でもオススメのサービスです。 こういったWebサービスのことをSaaS(Software as a Service)、もしくは、より最近の言葉だとクラウド・コンピューティングと呼んでいますが、今回のニュースなどGoogleの力の入れようを見ているともしかするといつかMicrosoftのOffice Suiteを超える存在になるのかもしれません。今後もGoogleのサービスは要チェックですね!